不動産の相続と税金

不動産を借りるあなたへ

サイト内検索

トップページ >> 不動産の相続税に関する法|絶対得する不動産の知識

不動産を利用した節税対策(相続税)

平成27年から相続税の計算方法が変わります。基礎控除5000万円、相続人一人当たりの控除額1000万円がそれぞれ3000万円と600万円に、現在の金額の6割に変更されます。さまざまな形の増税の一つという見方の一方で、これまで亡くなった人のうち相続税の申告が必要なのは5%くらいといわれていましたが、わずかそれだけの人を対象にした税制を、公平なものに改正したものともいえます。 自宅や事業の用地は評価の減額(小規模宅地の評価減等)がありますが、都会で不動産を持っている人にとっては、不動産の評価額だけでも課税の対象になる可能性も否定できません。 相続税の節税対策には、生前の贈与による財産の移転が有効ですが、相続財産の評価額を下げる方法も効果的です。 現金や預金は、評価額はそのままですが、不動産を所有している場合、土地は路線価での評価、建物は固定資産税の価額になります。 一般的にこれらは時価よりも低いため、不動産を現金で買っただけで、評価額の差額分、相続財産の総額が減少します。また、現金でなくても、借入金で購入した場合も、借入金はマイナスの財産なので相続財産の総額を減少させる効果があります。後に残った人が苦労しないように、自分の持つ財産についてよく知っている本人が準備をしておいてあげましょう。

Copyright © 不動産を借りるあなたへ. All Rights Reserved.