不動産の投資と利回り

不動産を借りるあなたへ

サイト内検索

トップページ >> 不動産の利回りについて知っておく事|絶対得する不動産の知識

不動産投資 二つの利回りについて

不動産を購入するとき、自宅や店舗経営など、自分で利用する場合は間取りや立地が大切ですが、投資用不動産を選ぶ場合の基準はそれだけではありません。 投資としての利回りが重要になるので、時には、駅が近くて便利、新築で設備も整ったきれいな物件は価額も高くて投資に適さず、立地が駅から離れていたり、建物や設備が古くて購入金額が少なくてすむほうが投資物件には適していることもあります。 利回りとは、年間の家賃収入を投資額で割った指標で、購入金額が2千万円で、毎月10万円、年間120万円の家賃収入があるならば6%になります。 ところで、投資利回りには表面と実質の二つの計算方法があります。 単純に家賃収入を投資金額で割った計算を表面利回り、管理費や修繕積立金など、毎月支払うべき支出を引いた手取り金額で計算したものを実質利回りといいます。 不動産の広告では、どちらを表示しなければいけないというルールがないため、広告によってまちまちなのが実態です。 物件について問い合わせるときには、毎月いくらぐらいの家賃が見込めるか、それに対して管理費や修繕積立金の支出がいくらで、実質の手取りで何%で運用できるかを忘れずに確認しましょう。

Copyright © 不動産を借りるあなたへ. All Rights Reserved.