不動産契約の注意点

不動産を借りるあなたへ

サイト内検索

トップページ >> 不動産の契約で得をする知識|絶対得する不動産の知識

不動産契約のポイント

不動産の売買に当たって「手付けを打つ」ということが行われていますが、これは購入者から売却側に支払われて通常、購入者が契約を履行しない場合、手付金を放棄し、売却側が履行しない場合手付け金額の倍額を購入者に支払います。手付け金額の倍額を購入者に支払うことは「倍返し」と呼ばれています。 これは世間では普通に行われている約束事で、当たり前と考えられているようですが、法的には問題があります。この「放棄」と「倍返し」について裁判で争われたことがあり、「不当利得」であるとの判例があるのです。このことは一応頭においておいたほうがよいでしょう。すなわち契約を破棄する段階になって支払う側に不服があれば支払いを拒否できる可能性があるということです。不動産売買契約に当たってはたいていの場合不動産業者が仲介することになるので、契約書に不備がみられることはほとんどないでしょう。 不動産業者は取引を滞り無く完了させることで仲介料を得ることができるのですから、物件説明など、契約に当たっての法的に定められた規定を厳格に守り、物件の受け渡しまで責任を持ちます。しかし最初に述べた手付金のことは、いわば慣習となっているので誰もが疑念を抱くことは無いでしょう。このことにはちょっと驚かされます。

Copyright © 不動産を借りるあなたへ. All Rights Reserved.